FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by webreborn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【スタッフプロフィール】 

Posted by webreborn on 12.2011 スタッフのプロフィール   0 comments
河合 蘭 代表・出産医療ライター

東京・渋谷は日赤医療センターで、ラマーズ法の原法「精神予防生無痛分娩」というそれっぽい方法で出生。世田谷の団地で鍵っ子をしながら育つ。23年間お産専門ライター。写真・ビデオなど映像と、英語も少々たしなむ。東京・ファン助産院イメジェリー(イメージトレーニング)クラス講師。こどもは2人すでに成人し24歳、21歳、末子は13歳の計3人。

おもな著作は、『安全なお産、安心なお産?「つながり」で築く、壊れない医療』(岩波書店)『助産師と産む-病院でも助産院でも自宅で』(岩波ブックレット)、『未妊-「産む」と決められない』(NHK出版)、"REBORN的出産"を手に入れたい方にはぜひおすすめの『お産選びマニュアルーーいま、赤ちゃんを産むなら』(農文協)。他に翻訳書『お産のイメジェリー』 『出産革命のヒロインたち』(メディカ出版)、 『WHO勧告に見る望ましい周産期ケアとその根拠』、 DVD『もっと自由な出産を』など。

育児誌「AERA with Baby」(朝日新聞出版)で出産関連の記事を毎号担当、専門誌『助産雑誌』(医学書院)で院内助産システム採用施設の訪問ルポ「チャレンジ!自立と責任」を連載。 All About Japan「妊娠」ガイド。ほか一般誌、朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞、TV局の番組、サイト等にコメント、執筆多数。

一般の方向け、医療者向けの講演、学会のシンポジスト多数。東京医科歯科大学、聖路加看護大学大学院、日本赤十字社助産師学校、茨城県立医療大学、静岡県立大学非常勤講師。

REBORN スタッフ日記 「自然体日記」
SOLO REBORN 「お産・医療・ごはん」

河合蘭公式サイト
http://www.kawairan.com/
kawai


きくちさかえ マタニテイコーディネーター&写真家

◆写真/「にっぽんの助産婦」担当


出産準備教室「マタニティ・クラス」主宰。
妊娠・出産・育児ウェッブサイト“babycom”理事。
http://www.babycom.gr.jp/

立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科博士課程。研究テーマ「出産」 2007年第2回平塚らいてう賞、奨励賞受賞。
インタビュー記事

聖隷クリストファー大学非常勤講師。
日本マタニティ・ヨーガ協会推薦指導員、会員。社団法人日本写真協会会員。

世界15ケ国の出産育児状況を取材、研究し、それを元に書籍やインターネット、写 真展などを通じて情報や写真を発信している。 2006年、修士論文「消費社会における出産」。 マタニティ・クラスは東京を拠点に、愛知、山梨で展開中。クラスの出張もできます。

著書 
DVD付き「マタニティ・ヨーガ 安産book」現代書館
「卵子ストーリィー」小学館
「うまれるいのち つながるいのち」(性教育絵本)実業之日本社
「産むかもしれないあなたへ」NECメディアプロダクツ
「イブの出産、アダムの誕生」農文協
「お産がゆく」農文協 

共訳書
「シーラおばさんの妊娠と出産の本」農文協
「ニュー・アクティブ・バース」現代書館
「バース・リボーン」現代書館
kikuti



小栗久実子  フリーライター&素人園芸家

◆癒しのレッスン担当


総合病院で吸引分娩にて巨大児の長男をヘロヘロ出産した半年後、お産のインタビュー集『いち・に・のお産』(ブロンズ新社)の仕事で「お祭りのように楽しいお産」から「もう、こりごり! のお産」までを取材し、お産のおもしろさに目覚める。その後、さらに巨大な次男を助産院でするりと産み、取材で出会ったさまざまな癒しのレッスンを試みながら、やや大きめの三男を自宅にて水中出産。

02年春に愛知へUターン後は、義母の園芸店を手伝いながら、園芸家を目指して独学中。堆肥づくりと種まきが楽しくて仕方ないこのごろ。特技は草取り。丹念に土作りをして種をまき、慈しんで苗を育てることは出産・子育てに通ず!

しばらく休んでいた太極拳、ゴスペルの復活と、シティーマラソン出場が当面の目標。

共著に『お産はっけよい』(現代書館)『21世紀の子どもたちが地球を救う50の方法』、 『地球へようこそ』(ブロンズ新社)ほか。愛知県在住。
oguri


三好菜穂子 フリーライター

◆ 「にっぽんのお産」、「紙REBORN」編集、広告担当


地域の子連れ情報誌をかわきりにフリーライターに。
出産や育児、女性の働き方など、おんな子ども周辺の記事をwebや雑誌に発表。 ライター稼業のかたわら、99年に設立した連れ合いの映像会社で経理、総務、ときには構成・リサーチを手伝う。

第1子のお産で、予告なしの会陰切開に大きなショックを受け、その理由を知りたいと本を読みあさった結果、REBORNに行き着く。気がつけば、授乳中だった子どもたちはティーンエイジャーに。これほど長くREBORNの活動に関わってこられたのは、赤ん坊だった私の沐浴に毎日通ってくれた産婆の祖母の思し召しか?  97年から始めた「高齢助産師の聞き書き事業」をまとめることが、当面の目標。

趣味・特技は、貧乏旅行と船旅・島旅、自転車、アジア映画、着物。

ものを作る職人の仕事に興味を持ったのがきっかけで、国内の社会科見学情報に強くなり、『みんなで出かけよう! わたしたちの社会科見学』(全6巻/偕成社)のものづくりの巻を取材、執筆する。
いずれ、職人さんたちの仕事をじっくり取材したいと考えている。
miyoshi


三宅はつえ  出張開業助産師

◆メーリングリスト「お産のお鍋」(紹介制)担当


看護師、勤務助産師を経て1996年より出張開業助産師。3tパッカー車を操り家業の一般廃棄物処理業を手伝いながら新生児訪問や自宅出産をサポート。平成14年より東京大学医学部非常勤講師。NHK連続TV小説「さくら」以降、 TVドラマや映画の出産・助産監修を請け負うことに。数度のドラマ&映画出演に気をよくし、肩書きに「女優(助産師役限定)」を付け加えようかと考えているお気楽系助産師。(社)日本助産師会茨城県支部支部長。
(公)誕生学協会 副代表理事

ご相談にのるのは「身の上」から「身の下」まで。ラテンな気質は過去のスペイン暮らしから。毎夏バカンスはスペインの田舎で陶器を探して歩く。
茨城県在住・一女の母。

共訳書 「産む力の咲かせ方」 メディカ出版
監訳書 「心により添う助産術実践テキスト」 メディカ出版
監修書 「妊婦の『ぷ』」 小学館

REBORN スタッフ日記 「開業産婆のあれこれ日記」
SOLO REBORN「実験的子育て雑感」「開業助産婦日記」
miyake



白井千晶

◆REBORNオリジナル講座、お産のお鍋担当


日本学術振興会特別研究員(RPD)
東洋大学・早稲田大学非常勤講師
日本助産評価機構 助産所評価 評価委員
専門社会調査士
専門は生殖(リプロダクション)の社会学。江戸時代から現代まで、出産、不妊、避妊など生殖から社会のしくみと変化をみる。戦前、戦後のお産をみてきた開業助産婦さんを訪ねて全国どこへでも。近年は、不妊や生殖技術に関する調査もおこなっている。

3男児の母。長男、次男は助産院で出産、三男は自宅で出産

著書に『子育て支援-制度と現場』(新泉社)、「子と出会いたい-出会いの期待と生殖補助医療の現在」『変容する人生』(コロナ社)、『不妊と男性』(共著、青弓社)、過去聞き書きに「出産の社会史-助産婦さんに聞くお産のいまむかし」。共訳書『産家やしなひ草』(産科文献読書会)ほか。

個人のホームページ『出産と不妊の社会学』では授乳体験レポートを掲載中。
●ホームページ 『出産と不妊の社会学』●『不妊当事者の経験と意識に関する研究』2003 報告書
●『不妊当事者の経験と意識に関する調査』2004報告書
●「子と出会いたい-出会いの期待と生殖補助医療の現在」

REBORN スタッフ日記 「自転車日記」

「自転車日記」の続きは、こちらです→「自転車日記

shirai



宮下真沙美 漫画家、イラストレーター

◆イラスト担当

14年ほど少女・女性向けまんが雑誌で執筆した後、 子育てに突入、この間にイラスト製作を手がけるようになる。
2003年、8年ぶりにマンガ執筆を再開、REBORNのおかげで出会った 人間本来のあり方を大切にする優しいお産をより多くの人々に知ってもらうべく、 小学館Judyにて「妊婦の『ぷ』」を発表。 陣痛中もキッチンに立っていたというほどの食い気の人。

REBORN スタッフ日記 「ツナワタリの食卓」

miyasita


淺井明子 編集者 絵本、おもちゃアドバイザー

旅行雑誌の編集をしていたが、会社が倒産。しばらくは花屋で働くが、 ひょんなきっかけでとある産婦人科関連の協会会報やテキストの編集・制作に携わる。 現在は、絵本やおもちゃを上手に使った育児を提案する育児サイト「ユウchan」と、 おじいちゃん、おばあちゃんのためのサイト「孫育て上手」の編集長。 絵本とおもちゃのご相談なら、いつでもどうぞ。

何よりも食べることが好き。美味しいものがあるところに、なぜか現れるとちまたでは有名。
●絵本とおもちゃの専門サイト 「ユウchan」  http://www.yuchan.net
●祖父母向けサイト 「孫育て上手」http://www.yuchan.net/yuchan/mago/index.html
asai


斉藤麻紀子  出産・子育て支援活動/ファシリテーター

◆REBORNオリジナル講座担当/イベント情報・グループ情報担当

3人の子どもの出産を通じてお産と母乳育児の重要性を痛感し、以来「ケアを受ける側」として1993年よりさまざまな市民活動を行なう。
横浜市にて子育てサロン運営
『いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~Umiのいえ~』 

編著:『だから日本に助産婦さんが必要です』自費出版
著書:『となりのミドワイフ』 さいろ社
共編著:『おっぱいの宝箱』 赤ちゃんとママの集いTEA PARTY編集・発行
群馬県出身、横浜市在住 20.18.15歳の子の母
2011.4
maki


北山シホ フラワーアーティスト

◆REBORNブックサービス/経理担当

OLから,フリーのフラワーアーティストへ。転身をはかってからまもなく妊娠。
個人病院の出産予定でしたが,一冊の本の出会いにより助産院での出産。

自動車整備士の夫と、ふたり娘と暮らしています。
助産院での出会いにより,Tea party通信初代編集長、くまでつうしんのスタッフを経て,
REBORNスタッフになる。
『かながわ母乳の会』の世話人のひとり。
好奇心が強く、興味があるとすぐに行動する。
(フラダンス、英会話、着物着付け、料理教室、etc...)
冬はスキー。夏は,お祭りめぐり。温泉旅行大好き。
突然ふらりと旅行してしまう。
無類の読書好き。(今はまっているのは時代小説。)
最近トイプードルを飼い始め、メロメロです。

母乳育児・子育て支援プチブレスト勤務。

REBORN スタッフ日記 「ブラリ旅」
kitayama


明石千鶴

2095gの未熟児として生まれ、一滴も母乳を飲めずに育つ。無事に育つよう、両親が「千羽鶴」の意味を込めて「千鶴」と命名する。そのかいがあってか、ぐんぐん成長。

大学時代にオートバイの面白さにはまり、卒業後はアルバイトをしながらツーリングを楽しむという生活を始める。お産へ興味を持ったきっかけは、『暴力なき出産』という1冊の本から。結婚して4年ほど沖縄に住み、長男を出産。本格的にお産の魅力にひきずりこまれる。その後、次男を横浜にて自宅出産。くまでつうしんのスタッフを経て、リボーンへ。

2003年春より横須賀市在住。現在は、次男が通うことになるシュタイナー幼稚園の立ち上げと運営に関わり、仲間と共に奮闘中。
akashi
スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。