FC2ブログ

スポンサーサイト

Posted by webreborn on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国際助産師の日」のパレード

Posted by webreborn on 07.2011 出産関連ニュースクリップ   0 comments
5月5日の子どもの日は「国際助産師の日」でもあります。世界81カ国・地域が加盟する国際助産師連盟(ICM)では、2003年の世界大会会場が南アフリカ共和国のダーバンとなり、アフリカ大陸での初開催となることを記念して助産師の活動を知らせるイベントを世界各地でおこなうことになりました。そして日本でもこの5日、東京都渋谷区で助産師さんたちのパレードがおこなわれました。

パレード横断幕1

実はこのパレードは、阪神淡路大震災のあった年から10年間おこなわれていたイベントの復活。音楽は当時から、もちろんサンパ(産婆!)です。REBORNスタッフは第1回からこのパレードを知る者でもあり、今年も参加した道行く妊婦さんや赤ちゃん、パパにたくさん手を振って新緑の表参道、明治通り、青山通りを歩いて来ました。参加者は3ヶ月の赤ちゃんから60代まで総勢140名の助産師さん&ファミリーでした。




〔当日のシュプレヒコール〕

5月5日は国際助産師の日です!
 被災地の家族を支えよう!
 助産師のケアを届けよう!
 生まれる力を信じよう!
 世界の助産師と手をつなごう!



参加した助産師さんたちは、震災以来、被災地に入って家を流されてしまった妊婦さんの出産を助けたり、放射線の害が不安な妊婦さんに寄り添ったり、ストレスで母乳の出が悪くなってしまったお母さんを慰めたりして今日までの日々を過ごしてきました。




そして、復興はまだこれからが本番です。放射線や電力不足の問題も長期戦です。助産師さんたちと協力し合いながら、私たちも赤ちゃんを持つご家族の応援をしていきたいと思います。

がんばりましょう!

(REBORN・河合 蘭)

スポンサーサイト

iPS細胞で精子や卵子作製へ…京大計画を文科省了承

Posted by webreborn on 16.2011 出産関連ニュースクリップ   0 comments
iPS細胞で精子や卵子作製へ…京大計画を文科省了承

 京都大は13日、様々な組織の細胞に変化できる、人のiPS細胞(新型万能細胞)やES細胞(胚性幹細胞)から、精子や卵子などの生殖細胞を作る山中伸弥教授らの研究計画が、文部科学省から了承されたと発表した。

 研究が進めば、新たな不妊治療につながると期待される。人の生殖細胞を作る研究は昨年5月に解禁されており、計画の実施が認められたのは慶応大に次いで2例目。


 京大によると、研究では▽iPS細胞やES細胞から、正常に成熟した生殖細胞を効率よく作る方法▽生殖細胞を作るのに最適なiPS細胞の選別方法――の確立を目指す。


 将来的には、これらの基礎研究をベースに、不妊症の原因解明や予防法、新薬開発に向けた研究の基盤を築く考えだ。研究計画は学内の倫理委員会の審査・承認を経て、今年3月に文科省に届け出ていた。


 人の生殖細胞作製を巡っては、米国の研究チームが、iPS細胞やES細胞から精子や卵子のもとになる「始原生殖細胞」を作ることに成功しているが、正常に成熟した生殖細胞はまだ得られていないという。作製した精子と卵子を受精させるのは倫理的な問題が大きく、文科省の指針で禁じられているため、行わない。

(2011年4月14日 読売新聞)

(紹介・白井千晶/REBORN)

新・母子健康手帳が完成「親子手帳」

Posted by webreborn on 15.2011 出産関連ニュースクリップ   0 comments
博報堂「生活総研」主宰のプロジェクトで新・母子健康手帳が完成。
現在、モニター自治体を募集中(2011年4月現在)。

http://seikatsusoken.jp/publication/detail.php?a_id=3241

子どもの医療歴やお薬歴を成人まで残す【健康カルテ】機能、パパも参加の「男女共育」などがコンセプト。

(記・白井千晶/REBORN)
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。